ぺーパーレス会議

ペーパーレス会議で不便がないように

コスト削減は大切な意識ですが、それが社員に不具合を感じさせるような内容にしてはいけません。例えば営業活動の際に遠回りをしてでも交通費を減らせなどというお達しは、経費以上にモチベーションを下げさせます。こうした対策は、もはや愚策であると片づけても差し支えは無いでしょう。そこでどのようにして経費を節減するのかを考えたのですが、最も効果的なのはペーパーレスに努めるということなんですよね。ペーパーレスとは、文字通り紙を使用しないことを指します。現代はパソコンを利用した業務が一般化していますので、基本的には紙が無くても問題無いはずなのです。ところが、…

ペーパーレス会議で不便がないように

コスト削減は大切な意識ですが、それが社員に不具合を感じさせるような内容にしてはいけません。例えば営業活動の際に遠回りをしてでも交通費を減らせなどというお達しは、経費以上にモチベーションを下げさせます。こうした対策は、もはや愚策であると片づけても差し支えは無いでしょう。そこでどのようにして経費を節減するのかを考えたのですが、最も効果的なのはペーパーレスに努めるということなんですよね。
ペーパーレスとは、文字通り紙を使用しないことを指します。現代はパソコンを利用した業務が一般化していますので、基本的には紙が無くても問題無いはずなのです。ところが、旧態依然とした業務スタイルが染み込み過ぎたのか、どうしても印刷物が増えてしまうんですよね。しかし紙も印刷代もタダではありません。ましてや、会議ともなれば出席人数分の資料を用意しなければならず、その経費は意外と高くつきます。
そこで私たちは経費節減を訴え、会議をペーパーレスで進める「ペーパーレス会議」を実行するように進言しました。すると経費節減になるならばとアッサリOK。おまけに、会議後は「紙が無くても支障は無かった」との感想まで。こんなことなら、もっと早くペーパーレス会議を実施するべきだったと思いましたよ。これのお陰で経費節減はもとより、資料印刷の手間も省けて一石二鳥です。まだ資料を印刷した会議にこだわっている企業の方は、ペーパーレス会議にしてみてはどうでしょうか。